[英]学校向けに学習・教育をサポートするプラットフォームを提供するFireflyが約7億円の資金調達に成功

 

会社名 Firefly

代表者 Joe Mathewson, Simon Hay

設立 2005

今回のラウンドの引受先
Downing Ventures, alongside BGF, Beringea

今回の調達額 €5.8M

主な運営サービス
Firefly(https://fireflylearning.com/)

記事元
https://www.eu-startups.com/2019/01/uk-based-edtech-startup-firefly-secures-second-funding-round-of-e5-8-million/

編集部のコメント

学習・教育をサポートするプラットフォームを学校へ提供するFireflyが約7億円の資金調達に成功したというニュースです。Fireflyは教師と生徒をつなぐSaaSです。例えば宿題を出す際に、今までは教師が毎回、どの教材からどこを出すべきか考えて出していました。しかし、Fireflyを使えば、豊富なリソース、サードパーティのアプリケーションを用いて宿題を作ってくれます。さらに、生徒はどこが苦手でどこが得意かといった情報も提供してくれるので、もっとある分野をフォローするような授業をするべきか、発展的な内容も教えるべきかといった判断をしやすくなります。さらに、生徒も自習をする際に必要な情報をFireflyから得ることができるので、自立した勉強が可能になります。生徒の親も、Fireflyを用いれば簡単に学校とコミュニケーションを取ることができ、学校からの連絡も直接受け取ることができます。Fireflyで可能になることは、ここにあげたもの以外にも多くあります。このサービスにより、生徒にとっての学校生活はもちろん、教師、保護者にとっての学校生活も大きく変わると思いました。

(Visited 17 times, 1 visits today)