社員寮を改装したオフィスビル「axle御茶ノ水」が公開へ

東和不動産は、東京都千代田区にトヨタグループ各社とベンチャー企業の交流拠点と位置付けるオフィス「axle(アクスル)御茶ノ水」を5月7日に開設予定。

それに先立ち、メディア向けに施設内を公開した。

引用元:トヨタ社員寮を改装したオフィスビル「axle御茶ノ水」が公開–屋上テラスも特徴

 

建物はもともとトヨタの社員寮・社宅として利用されていたもので、地上6階、地下1階建て。築50年以上という建物をリノベーションして活用する。次世代の新たな産業創出をコンセプトとし、主にトヨタグループを中心とした大手企業が入居する大区画から、ベンチャー企業向けの小区画まで、バリエーション豊富なオフィスが用意された施設となっている。

 

編集部からのコメント:

東和不動産といえばトヨタ自動車が保有するオフィスビルや施設を管理している不動産会社です。東京では社員向けの寮やマンション管理やいくつかのオフィスビルを扱っています。名古屋の駅前のミッドランドスクエアなどが有名です。さてその東和不動産が手掛けるシェアオフィスとして大きな注目を集めています。“axle”とは⾃動⾞などの⾞輪を結ぶ“⾞軸”や“⼼棒”の意味との事です。この名称もトヨタ社らしいこだわりを感じます。この施設が軸となり、プロジェクトを⽣み出すサイクルがつねに回り続けるという意味を込めているそうです。

 

(Visited 373 times, 1 visits today)