[愛]エストニアのAIスタートアップ、Realeyesが1,100万ユーロを調達

会社名 :Realeyes
設立  :2007年
代表  :MihkelJäätma
主な調達先:Draper Esprit、NTT Docomo Ventures

エストニアのスタートアップ。Webカメラを介して人々の感情や注意を測定するツールの開発です。

記事元

Estonian AI startup Realeyes raises €11 million

編集部のコメント

創業者のMihkelJäätmaは、Realeyesを2007年にオックスフォード大学で共同設立しています。AIがWebカメラを通じて人々の感情を判断し最適化するソリューションを開発しています。企業のブランドと広告やクリエイティブソリューションの効率や販売戦略を定量化し最適化することに成功しています。
特徴として、ユーザーが持っている「顔の表情」というビッグデータを定量的にわかるようになることで、従来広告の反応をアンケート調査などでしか利用できなかった問題を解消できるなどです。

同社は過去にも資金調達に成功しておりこれまでに EU 中小企業支援機構からの助成金、シリーズ A ラウンドなどを通じて2,140万米ドルを調達しています。現在、ロンドンとニューヨークはビジネス開発拠点として構えており、今回NTTドコモからの資金調達によって日本市場に向けた、開発拠点として東京にオフィスが開設される可能性もありえるのではないでしょうか。

(Visited 17 times, 1 visits today)