メンバーの50%が外国人!国際色豊かな六本木のワークスペースがの魅力とは

 

2018年6月、六本木に「BLINK SMART WORKSPACE」がオープンしました。なんと、会員の半数の方が外国人という国際色豊かな環境。現在、外資系スタートアップが多く入居しています。

 

また、年間150回以上のイベントを開催し、3000人以上の人々が参加!様々な国籍の人が人がBLINKに集い、交流しています。今回は国の違いによる心理的なハードルを感じさせない日本では珍しいオフィス環境の魅力をお伝えします。

 

近年様々な働き方が提唱され、テレワークなど、オフィスに行かない働き方も増える中で、人と人とが直接コミュニケーションをとれる“リアルな場”を重要視したコミュニティ型ワークスペースに関心が寄せられています。

 

今回紹介する「BLINK SMART WORKSRACE」も人とのつながりを大切にしたワークスペースです。他のワークスペースとの最大の違いはその国際色の豊かさ。半数を占める外国の方や数か国語を操るバックグラウンドの豊富なスタッフがビジネスにおいてもよい刺激となることでしょう。メンバー間の交流やメンバー口コミでコニュニティーは広がっており、オープンから1年間で約3000人以上がイベントに参加しています。

 

1棟全体がオフィス空間になっており、駅から少し離れた落ち着いたエリアに位置します。アットホームで居心地の良い空間で、温かくスタッフが迎えてくれます。

1階には会員様が利用できるカフェがあります。1日1杯のコーヒが提供されます。仲間と会話を楽しむのも、ランチをするのも、自由に利用できます。

地下1~3階にはフリースペースと会議室、各プライベートオフィスがございます。防音ブースもありますので、通話やネット会議、集中して作業も可能です。

更に4階にはテラスがあります。外の風にあたってリフレッシュも。

東京の都心にいながら、英語が飛び交うような異国感漂う空間で外国に対する心理的なハードルが下がり、グローバな視野を持つ機会になるでしょう。海外進出をしたい企業も、多言語を操る経験豊富なスタッフや、他メンバーの支援を受けることができます。BRINKのコミュニティが新たなビジネスチャンスにつながる可能性ももちろんあります。興味を持った方はぜひ下記サイトも参照ください。

「BRINK SMART WORKSRACE」の価格や設備・サービスの詳細はこちら

 

(Visited 92 times, 1 visits today)