クロスオフィスが六本木に新拠点をオープン!

2019年7月11日、クロスオフィスが六本木に新拠点をオープンいたしました。

新拠点の六本木は今までのイメージから一変、「アート×デジタル」をテーマに、広々としたコワークスペースをを備えた最新のワークプレイスを提案しています。

今回は、新拠点ならでは魅力についてお伝えします。

 

クロスオフィスとは?

クロスオフィスはオリックスが提案するサービスオフィス。現在は渋谷・新宿・三田・内幸町・六本木というビジネスに人気の都市に6拠点を展開しています。

「ハイグレードな品質を保ちつつ、過剰なことをあえてしない。」をコンセプトに、ビジネスに便利な立地と設備やサポート体制を備えたワークスペースを提案しています。

 

六本木駅徒歩2分の便利な立地

クロスオフィス六本木は六本木駅の4b出口より徒歩2分の好アクセス。

周辺には光を遮る建物はなく、大きな窓ガラスを備えたビルの内部は光が十分に入り、とても開放感がありました。

 

 

アートとデジタルの融合した内装デザイン

今回、新拠点のクロスオフィス六本木では、新たな試みとして、若手アーティストの須田悠氏とコラボレーション。エントランスや共有部の壁には、「クロス」をテーマにしたカラフルでポップなアートが大胆に描かれています。

 

す。

 

また、広々としたコワーキングスペースは様々な働き方に対応しています。軽い打ち合わせにも利用できる広いソファ席や、リラックスして仕事のできる1人用スペース、集中して利用できるブース席など、気分に合わせて場所を選べるデザインです。

また、この共有部は予約をすればイベントスペースとして2時間~貸し切も可能。

今後、セミナーや交流会を定期的に開催予定とのことで活気のあるスペースになりそうです。

 

開放感のあるプライベートオフィス

クロスオフィス六本木の入るビルは、冒頭で述べたように採光性が高く、光が個室内まで十分に入ります。全個室には家具(KOKUYO製のデスク・キャビネット・チェア)完備。

1人用~10名用までの個室がございます。

通路との仕切りもガラス製で少人数用の個室でも圧迫感はありませんでした。

 

その他の魅力的なサービスは?

まず、エレベーターを降りてエントランスに入ると、爽やかな香りが迎えてくれます。香りが仕事への切り替えスイッチや リラックス効果になるだでなく、お客様にも良い印象をもってもらえそうです。

また、共有部には防音の電話ブースが備えられています。コワーキング利用者の方でも周りを気にせずに電話対応可能です。

会議室は4・6・8名用がございます。テレビモニターや付きで設備も充実しています。1時間2,000円~。

 

気になる料金プランは2つ。プライベートオフィス(個室)タイプとコワーキング会員(フリーデスク)になります。

プライベートオフィスは1人用が月々123,000円~、3人用が182,000円~。コワーキング会員は月々30,000円~。

2019年10月末日までオープンキャンペーンを実施しており、コワーキング会員様の入会金30,000円→0円に。

COWKでも詳しい内容をご紹介する予定ですので是非ご覧ください。

クロスオフィス六本木の詳細はこちら

クロスオフィス各拠点案内はこちら

(Visited 46 times, 1 visits today)